みらい地震予測株式会社 代表取締役CEO 犬伏裕之さま

当法人がご支援してきたお客様から、嬉しいお声を頂きました。

お客様の声

犬伏裕之さま

<メッセージ>
私は、2014年に別の方の支援のもとに「創業補助金」を申請して交付決定されていました。

ゆえに、2015年も引き続き「小規模事業者持続化補助金」と「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の申請をしようと思いました。

なぜなら、「創業補助金」は200万円の補助金が支給されます。

また、「ものづくり・商業・サービス革新補助金」は開発経費が対象ですが、1,000万円の補助金が支給されます。

さらに、「小規模事業者持続化補助金」は販促費が対象で50万円の補助金が支給されます。

創業して2年目で資金的にはさほどの余裕はなかったので、もらえるものなら少しでももらいたいと思いました。

そこで、2015年の補助金獲得に当たってどなたに依頼しようかと考えました。

まず、「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の支援を行っている方に8人お会いして検討しました。

説明をお聞きした中で黒川さんが最も支援内容が手厚く、かつポイントを押さえていると感じたので黒川さんに支援をお願いすることに決めました。

その支援をしていただいている最中に、「小規模事業者持続化補助金」の公募があったので、このぐらいは自分で申請しても採択されるだろうと思っていました。

なので、「小規模事業者持続化補助金」の2015年第1次公募に一度自分で出してみました。

しかし、残念ながら採択されませんでした。

後日、黒川さんに見てもらうと

補助金の趣旨が販売促進なのだからその趣旨にあうように申請しないとダメだ言われました。

そこで、黒川さんに依頼して第2次公募に出したところ、無事に採択されました。

また、「ものづくり・商業・サービス革新補助金」も無事に採択されました。

黒川さんのお蔭で、二つの補助金を獲得することができました。

またその後、融資の申請もしたのですが、損益計画や資金繰り表など、何度も打合せをさせていただき、私の要望を組んで細かいところまで考慮に入れて作成していただくことができました。

お蔭さまで、設備資金と運転資金を調達することができました。

大変感謝しています。

補助金獲得ついては特に申請書の書き方がポイントになると感じました。

しかも、公募要領に沿って審査員の方にご理解いただけるように分かりやすく書くことが大切です。

私は、技術者出身なので、つい専門用語を使って説明しようとしますが、それでは審査員の方に理解していただくことは難しいようです。

黒川さんには、私が書いたものをベースに、書き直していただきました。

そのため、ポイントを押さえて分かりやすく書くことができました。

今後は、黒川さんが会計事務所出身であることからファイナンス面での支援も期待しています。


会社名 : みらい地震予測株式会社
氏 名 : 代表取締役社長 兼 CEO 犬伏 裕之さん

無料相談受付中

お電話でのお問い合わせ:03-3868-3508

メールでのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加